2012年08月29日

一括見積もりには2種類ある?

太陽光発電の一括見積もりには2種類あるんだなと最近学びました。これから検討されている方は知っておいたほうがいいのかなということもあり自分なりにまとめてみました。

メーカーの一括見積もり

省エネドットコムが有名ですがメーカーの一括見積もりとは、施工も手がける企業がシャープや京セラ、東芝など施工業者を対象にしてということではなく、皆さんがご存知の大手メーカーの太陽電池を利用した際の見積もりのことです。

恐らく施工費というのがあらかた決まっていて後は面積で費用が変わるということじゃないかと思います。比較する点が太陽電池しかないって感じではないでしょうか。補償の内容は一社だけになるので比較のしようがありません。

施工会社を対象とした一括見積もり

タイナビや価格ドットコムが該当します。

一括見積もりサイトを通して、依頼者お住まいの近隣の施工業者に見積もりを依頼します。依頼先の施工業者は一括見積もりサイトの審査に合格した会社です。会社が異なればサービス、アフターフォロー、補償、価格、太陽電池、全て違いがあります。太陽電池のメーカーは同じであっても卸値が違うと総費用も変わります。

比較対象が多いため細かいところまで検討したい人には向いています。

結局どっちがいいのか?

個人的な意見になってしまいますが、私が選ぶとすれば施工業者を対象とした一括見積もりですね。一括見積もりという私が思うイメージだから。という理由もそうなんですが、やはり複数の施工業者の方に見積もり依頼するほうが競りということにも繋がります。そこが裏目に出てしまうと問題ですけど。。

でも車を買うときも同じですが、価格ではない付加価値があったりもします。オプションてきなものですね。これも期待できるんじゃないかということです。まぁ試してみたことがあるわけじゃないのでなんとも言えないというのも事実ですけど。

一社だけでメーカーを選択して見積もりをするだけでは結局一社が施工するためある程度価格が決まってしまってると思うですよね。楽しみがないというか、ダメではないですが価格の比較という重要な点が欠けている感が強いです。

これから検討されている方は是非以上の内容も参考にされてください。何か不明な点があればコメントよりお願いします。


ニックネーム トイ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする