2012年08月09日

HITシリーズ太陽光発電

太陽電池の種類について過去に書きましたが、今日は単結晶シリコンのHITシリーズについて学んでいきたいと思います。


まずはじめに、HITとは何かということになりますがHITとは、ハイブリッド太陽電池のことを言うようです。(たぶん)


n型というマイナスの要素をもつ半導体とp型というプラスの要素をもつ半導体とを組み合わせるのが一般的な太陽電池ですが、HITシリーズはi型のアモルファスシリコンを両型の内部に採用することで電気のロスを通常よりも無くすことができるようになっています。


通常の単結晶シリコンよりも、より多くの発電が見込めるため注目されていますが、デメリットもあって通常の単結晶シリコンよりもさらに価格が高いということです。


価格を気にせず多くの太陽電池を設置して電気を通常よりさらに大量に作りたいという人には向いていますが、売電意識が強い人が多いなか難しいところです。でもいろいろな方の太陽光発電を見てみると設置している方も少なくないみたいです。これは太陽光発電自体のコストが下がってきているのが関係していそうです。


話はもどりますが、さらに詳しくHITシリーズについて説明すると、というより学んだことを解説すると、通常太陽電池は光を電気エネルギーに変えるもので熱は関係ありません。表面が熱くなってしまうと逆に発電量が落ちてしまいます。これ結構勘違いされている方が多いかもしれません。夏のほうが沢山電気ができるんじゃないかと思われているかもしれませんが、そうではありません。日照時間が大事になります。


HITシリーズは表面の温度が上がっても発電力を落とさずに電気を作ってくれます。


どういう条件の人に向いているのかということですが、私の家のように屋根の面積が小さくて太陽電池があまり載せることができない人です。枚数が載せれないとそれだけ容量が減りますから当然のことながら発電量が落ちてしまいます。


そこを補うためには、一枚一枚の太陽電池の性能がいいものを選ばなければいけません。そこでHITシリーズが力を発揮してくれます。なので私の家は価格は割高でもHITシリーズにしようと前向きに検討しています。もし同じ悩みをもたれている方がいれば是非検討してみてください。


ニックネーム トイ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3235427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック